和文化散歩


「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」。令和は、そんな想いの込められた時代。

和文化の愉しさや美しさを散歩するように訪ね歩いてみましょう。 

 講座の種類は今後増やしていく予定ですが、まずはリクエストの多い着付けと、新元号「令和」の出典 万葉集に親しむクラスから始めます。

 ※和文化散歩は、有結流ゆいテーブル茶道教室の生徒限定のクラスになります。お申し込みはメールまたはお教室にいらした時にお願いします。

 

テーブル茶道の各コース紹介はこちら>>


着付けクラス


ご自身で着物を着られるようになりましょう。

<通常クラス>

お持ちの着物をご自身で着られるようになるクラスです。お茶会やお友達とのお出掛けに着物で行けるようになることを目標にします。

 

 

①下着と補正、長襦袢(半襟の付け方)の着方
②長着(紬または小紋)の着方
③帯結び(名古屋帯)
④長着(小紋または付け下げ、訪問着)の着方

⑤帯結び(袋帯)

 

※留め袖のレッスンは予定しておりません。

 

その他:基本的に手結びでの着付けの方法をお伝えします。紐は腰紐でも、簡単で崩れにくい着物用ベルトでも承ります。着付けに必要な小物が足りない方はお知らせください。

 

開催日:毎月最終日曜日 ※9月以降

・10:30~ ※万葉集のクラスのある月は開催無し

・13:00~

・15:30~

・18:00~ 

 

<特別講座>

浴衣の着付け...浴衣の着方を覚えましょう。

開催日:6月、7月の着付けクラスの時間

 

 

■会場 

サロン結円(明大前)

 

■会費 

2,500円/各回

 

■人数:マンツーマン

 

■持ち物 

着付け①(初回時)の場合:

足袋、裾除け、肌襦袢、長襦袢、腰紐(着付け用ベルト)2本、 衣紋抜き、半衿、衿芯、裁縫道具(しつけ糸、縫い針、待ち針...15本程度)

 

補正小物:①か②のいずれかをご用意ください。

 

①タオル2枚、腰紐 2本 または ②補正パット

 

※その他:着られるようになりたい着物と帯の写真をお持ちください。お持ちのものに合わせてその後のカリキュラムを調整させていただきます。

 

②以降の持ち物は都度ご案内いたします。 

 

浴衣の場合:

肌襦袢と裾除け、浴衣、半幅帯、腰紐(1本)、伊達締め(1本)、コーリンベルト、帯板

 

補正用…フェイスタオル2枚、腰紐(2本) 



万葉集鑑賞クラス


「初春の令月にして 気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」

新元号「令和」の出典は万葉集。

その始まりの歌集「万葉集」に親しむクラスです。

五七五七七、三十一文字に込められた今と変わらない人の想いや、巡る季節の情景を素朴に大らかに詠みあげた万葉集。その世界を楽しんでみましょう。

時には六種の薫物を 空薫いたり、茶道教室ではお出ししないようなお菓子も楽しんでいただきます。 ※和歌を詠むことはしません。

 

開催日:

  • 第2回 8/25(日)11:30~【残席1】
  • 第3回 10/27(日)11:00~

  

■会場 

サロン結円(明大前)

 

■会費 

2,500円/各回

 

■持ち物 

筆記用具