· 

夏越の祓と朝抹茶

6月30日、「夏越の祓え」なので早起きしてご近所の大宮八幡宮へ。

夏越の祓えはこの半年分の穢れを落とす行事です。残り半分は年越しの祓えで落とします。

早朝の境内には茅の輪。そしてとても清々しい空気。

茅の輪くぐり。

「水無月の夏越の祓する人は、千歳の命延ぶというなり」と唱えながらくぐります。くぐり方は、まず真ん中から通って左へ、もう一度通って右へ、さらにもう一度通って左へ、そして最後は真ん中から通り抜けます。

 

私もこの半年間の穢れを落としてきました。


戻っての一服、朝抹茶。

お菓子は「水無月」。

氷を象った三角の外郎の上に魔除けの小豆がのっています。

 

昔、宮中では6月に「氷の節句」がありました。氷室に保存していた氷を持ち出して口にして夏を息災に過ごせるように祈ったそうです。しかし、当時、氷は非常に貴重なもので庶民は口にすることはできません。そこで氷に見立てがお菓子が出来上がりました。

 

明日から文月です。その前に、水無月で一服いかがでしょうか?

 

徒然トップ

 

有結流ゆいテーブル茶道教室