· 

新・源氏物語絵巻

「いづれの御時にか、女御、更衣あまた候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて 時めき給ふありけり」

 

子供の頃、古典の音の響きが好きで、よく誦じては、時折声に出してその音を楽しんでいましたが、これは目に美しい一冊。

 

「御菓子司 聚洸の源氏物語」

源氏物語の各巻を和菓子とそれを盛る器とで表現する絵巻物語。 

和菓子と器についても説明が添えられ、それを読むと、なぜこの意匠なのか、器なのかが伝わり、その意図にはっとさせられたり、共感したり。

お菓子と器。

その両者で綴られる源氏物語。

一日に数頁ずつ、丁寧に楽しみたい。

 

 

お茶碗が平茶碗なので小さな文庫サイズの本のように見えますが、ソフトカバーの本です。二枚目の写真は販売サイトからお借りしています。

 

徒然トップ

 

有結流*風月テーブル茶道教室