· 

久方の…

「ひさかたの雨も降らぬか蓮葉に 溜まれる水の玉に似たる見む」

万葉集 巻十六 三八三七

小さな小さな雨粒が蓮の葉の上で寄り合って、みるみる美しい玉になる。

蓮の葉から玉の溢れる様も美しいけれど、玉の育まれる様も愛おしい。

 

近所の神社にて。

 

徒然トップ

 

有結流*風月テーブル茶道教室